<   2004年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

成功者の元に集まる人の成長スピード

こんにちは、
えとコミボランチの鈴木琢磨です。

日が暮れるのは早く、
11月とわかるのですが、
しかし、11月とは思えないような温かさですね。
今年は、暖冬になるのでしょうか?


挨拶、ここまでにしておいて・・・

これまでこのブログでは、

「情報処理を格段にUPするには、どうしたらいいのか?」

を取り上げてまいりました。
そして、そこで前回、次のような質問を出しました。

それは、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

→いらない情報って、必要ですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というものです。
そして、「追伸」のところで、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・必要のない情報は、必要ないですよね?

そう、必要ないんですよ、いうまでもなく。

じゃあ、本の中で、必要のない情報って、何ですかね?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということを、述べました。
(う~ん、随分、生意気な文章を書いてしまいました。)


では、当然、今回は、その続きを・・・


と思ったのですが、
せっかく、ブログという媒体を使っていますので、
今日は、違うトピックを取り上げたいと思います。

このブログの視聴率がどの程度のものかわかりませんが、
期待していらっしゃった方もいるかもしれません。

ですが、先に取り上げたいモノがでてきましたので、

「また、次回」

と言うことにさせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・視聴者の方々、ご了承くださいませ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の本を速く読む一つの方法をひとことで言えば、

「○○を持って、△△のように使う」

ということなのですが、それを伝えるには、長い文章が必要となるのです。

ですので、また今度とさせていただきます。
ご了承ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・視聴者の方々、ご了承くださいませ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そこで、今日は、

「ボランチの方」=「成功者のまわりに集まる人」の成長するスピードって速いな・・・

と、思い知らせれたことがありますので、そのご紹介をします。

今日、私が「すごいな」と思った方の名は、
小梶真衣子さんといいます。

先月からボランチとして働いております。

なぜ、すごいと思ったかと言いますと、
彼女の書いた文章のレベルが高かったからです。


彼女は、今月の始めに、えとコミの「文章の講座①」に出ました。
http://www.etocomi.com/seminar/write.html


そして、来週から、私と彼女で、
毎週水曜日にメルマガを書くことになりました。

内容は、「アチーブメントアワード」という、
新しい事業の立ち上げまでを伝えるというものです。

私は文章は得意で、それまで、
「わかりやすい文章を書く」ということに、
多少の自信があったのです。


たくさん本を読みますし、
たくさん文章を書くので、
いつのまにかうまくなっていました。


「何かを上達するには、量をこなさなければならない」

これまで、私は、そう思っていましたが、
彼女の文章を読むことで、

「ポイントを押さえることで、ショートカットができる」

ということを知りました。
彼女の文章を読んだとき、

「何これ?こんなにうまいの?」

不覚にも、そう思ってしまいました。
なぜなら、私と彼女は、文章の講座を一緒に受講し、そのときは、

「うん。まだ勝ってる」

と内心思っていたのです。
しかし、それは、とんでもないオゴリでしたね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
斎藤ひとりさんて、
いらっしゃるのですが、ご存知でしょうか?

彼は、ある書籍で、儲かる理由のひとつとして、

「10人分の仕事を7人でするから」
と言っていました。

うん。
ホント、そうですよね。
(もしかしたら、控えめに言ってません?)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「成功者の近くで働く人は、成長のスピードがすごく速い」



知識としては、わかっていたのですが、
これだけ追い上げが激しいと、
はっきり言って、プレッシャーですよ。
(もう、くちびる紫色ですよ。)


同時に、えとコミの講座のレベルの高さもわかりました。
文章の講座を一回出ただけで、
あのレベルの文章が書けるなら、
それはまさしく、「ショートカット」ですよ。


※もちろん、彼女は、裏では、すごい努力をして、
何度も何度も推敲して、ようやく書き上げたのだと思います。
最初は大変でしょう。
しかし、その努力は必ず実るのだと、確信しています。


文章を読むことで、その人間性が、わかってきます。
彼女の文章からは、そのかわいらしさが、にじみ出ています。

それは、来週の水曜日から、流れます。
http://www.etocomi.com/mailseminar.html

登録がまだの方は、
ぜひ、登録して、読んでみてください。

そして、文章力を格段にUPさせたいなら、
実践を重視するこの講座を受けてください。
http://www.etocomi.com/seminar/write.html

では!


追伸:
こうしたプレッシャーがあるため、
今日も、お昼ご飯を食べに行く時間がありません。
休んでいるヒマがないんです。
仕事のスピードが、すごいです、この職場。

これ以上は、グチになるので、この辺で!

では!
[PR]
by etocomi | 2004-11-17 15:52 | 成功者の日常から学ぶ

本を読む力を飛躍的にアップさせる方法①

11月15日(月)

今日は、午前中から、江藤さんを含めた総勢6名で、
ミーティングをしました。

その話し合いの中で、
ふと「本を早く読む方法は?」という話題があがりました。

その発言をした人の名は、コミーこと、小宮山真吾さんです。

えとコミの講座を受けた人はご存知かと思いますが、
彼の経歴は、次の通りです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1972年生まれ,東京都出身,
1995年立教大学社会学部産業関係学科卒業,

同年株式会社NOVA入社.
秋葉原校.新小岩校.下北沢校.のマネージャーを経験,
1998年退社,

2000年有限会社セカンドブレーン入社.
ホームページ制作,コンサルティングを経験.

2003年上毛新聞HPコンテスト一般投票グランプリ受賞,
2003年一般旅行業務取扱主任者取得,
2003年国内旅行業務取扱主任者取得,
2004年初級システムアドミニストレータ取得


さらに、ボランチのプロフィールの中で、

「頑張ったこと」として、

「1年間に3つ国家資格を取れたこと。
目標を明確にすれば、
普通なら無理なことも叶うことを実感した。」

をあげています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ザッと、このような経歴の持ち主です。

告白しますが、私は、以前、コミーのことを、

「ボーっとした感じの人だ」
「プロフィールの写真、3割増しだよな」

などと思っていました。

私は、負けん気が強いのですが、
負けん気が強い人って、
相手の実力を実感しないと、
なかなか相手のことを認めないですよね。

ですので、経歴を見ただけではダメなんですよね。


しかし、あるとき、彼に対する認識が変わりました。
この「ホームページが作れる講座」を受けることによって。

http://www.etocomi.com/seminar/etocomi_creators.htm

えとコミで講座を受ける人は、
売上を上げるために、必死なんですよね。
だから、質問も、レベルが高いんです。

その質問に逃げることなく、
答えてゆく姿を見ることで、
私の彼に対する認識が変わりました。

中身は、プロフィールの写真どおりだと言っても、過言ではありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・ずいぶんと彼のことを持ち上げましたが、
なぜ、私は、コミーを例にあげたのでしょうか?

それは、

「このレベルの人でも本が速く読めるようになることが課題なのだ」

ということを、皆さんにお伝えしたかったからです。

前回も、簡単に、情報処理の仕方についてお伝えしましたが、
今回、もう少し具体的に、本を速く読むことをお伝えしたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、多くの人が、「速読」を学んだら、

「その内容を丸ごと脳みそにインプットできる」

と思っているのではないでしょうか?


例えば、フォトリーディングを習えば、あたかも、

「ドラえもんの道具の暗記パンを手に入れたのと同じこと」

だと思うのかもしれません。

フォトリーディングを使いこなせば、それに近い感覚を手に入れられるのでしょう。

そうなれば、すばらしいことです。
そうなるためには、フォトリーディングを習ってください。


当然、ここでは違う方法をお伝えしてゆきます。

つまり、
「ドラえもんの道具の”暗記パン”を手に入れたのと同じこと」
を、目指しません。

目指すのは、

「本から必要な情報を抜き出す」

ということです。
(もちろん、フォトリーディングと重なる部分はありますよ。どことはいいませんが。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
書いているうちに、
「これは、続きモノになるな」、
と思いましたので、続きモノにします。

ということで、今日は、記念すべき第1回目という形をとります。

そこで、第一回目の今日は、あなたに、ひとつ、質問をします。

いらない情報って、必要ですか?

「バカにするなよ、このやろう」
と、思われるでしょうが、今日はここまでです。
続く。


追伸:

・・・必要のない情報は、必要ないですよね?

そう、必要ないんですよ、いうまでもなく。

じゃあ、本の中で、必要のない情報って、何ですかね?
[PR]
by etocomi | 2004-11-15 13:47 | 成功者の日常から学ぶ

成功者の情報処理のしかた

今日は、平成16年11月12日(金)

午前中は、雨が降っており、
午後は雨があがったものの、くもっており、はっきりしない天気です。
気温も、生温かいです。

今日、日本に帰国した人にとっては、
とても11月とは思えない天気で、

「ホントに11月かよ!」

と、とまどわれたかと思います。
(誰を対象に書いてんだ、というツッコミはナシでお願いします。)

はじめまして、えとコミでボランチとして働いている
鈴木琢磨と申します。

以前、えとコミのメルマガで、

「2004年10月14日 00時 無料小冊子ダウンロード!」
http://backnumber.cbz.jp/mmz/backnumber/c8mw/2004101400_2562937887256232.txt

で、ご紹介を受けました。

私がご紹介いただきましたところだけ、
抜き出しますと、・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 フォトリーをすでに習得し、日々1日2冊を読んでいる方が
 ボランチにいらっしゃいました。
  
  鈴木君です。


  「・・・・。」^^;

  
  では、恒例のイチローのように・・。

  名前でいきましょうか・・。


  「たくや~」


  すずきたくやくんです。

  30分で30冊以上、つまり5分で5冊読んじゃう人です。

  ひえ~。

  そうそう、その鈴木くんが、ホームページがつくれなかった
  のですが、ページを全部つくってくれました。
  写真もとって、レポートもつくってくれたのです!

  ■教わる技術
   http://k.c.combzmail.jp/t/c8mw/si05xlau62qsl607
   http://k.c.combzmail.jp/t/c8mw/si05xmau62qsl607

  ■日野さん『クチコミュニティ・マーケティング』
   http://k.c.combzmail.jp/t/c8mw/si05xnau62qsl607

  ■『儲かるオンラインショップの・・・』
   http://k.c.combzmail.jp/t/c8mw/si05xoau62qsl607  

  すごいでしょ♪
  新人ボランチは凄腕が集まったかも・・。  

  だいごちゃん曰く
  「自分で全部、つくっちゃったんです。
   フラッシュのページも・・。」

  毎回本を持って帰って、読んでくる。

  まだ、5回しか来てないに・・・。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・という素晴らしい紹介をいただきました。

江藤さん、ありがとうございました。
すごいプレッシャーで、顔が真っ青になりました。
(背負えねぇ。)

ちなみに、鈴木琢磨は、すずき「たくま」であって、
「たくや」ではありません。
(頼むよ、江藤さん。)


で、ですね、このブログ、タイトルが

「成功者の日常から学ぶ」というテーマです。

で、せっかくですので、今日は、

「成功者の本の処理のしかた」

について、お伝えしたいと思います。


注)ここでいう成功者とは、
江藤さん=太った悪魔=鬼軍曹のことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メルマガにあったとおり、私は、「5分で5冊」を読みました。
それは、事実です。

しかし、注)が、あります。

それは、「江藤さんの本の処理のしかたが前提である」ということです。


江藤さんは、本の読み方について、次のように言います。


「本を1冊読んでも、どうせ5つぐらいのことしか覚えていない。
だったら、目的をもって、5つのキーワードを抜き出せばいい

これを読んだ方の中には、
「これは、また、ずいぶん極端な」

と、思われた方もいらっしゃると思います。
そう、なかなか素直にうなずきにくいところですよね。

ですが、その読み方も「アリ」だと思います。

私は、2003年1月に「フォトリーディング」を受けました。

フォトリーディングに関しては、こちら)
http://www.etocomi.com/seminar/photo_reading.html


講座の最後に、ほかの受講生のみなさんの前で、
講座を受けた感想を言う(=シェアする)のですが、
私は、そのとき、「3つの学んだこと」というテーマで話をしました。

そのうちのひとつに、

「必要のないことは捨てる」

というものがありました。

つまり、

「本を、全部読む必要はない」
「必要な部分だけ吸収すればいい」

という意味です。

私が講座の最後に「捨てる」と言ったとき、
フォトリーディングの講師の方が、
「うんうん」と、大きくうなずいていました。

つまり、「そう、そこ、重要」ということです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私が「5分で5冊」を読んだとき、
目的は、「超一流になるために必要なキーワードを5つあげること」でした。

ここでいう「超一流」とは、
「言われる前に、10の行動をしている人」というものです。


ですから、成功者(江藤さんのこと)のいう

「1冊の本を読む」

ということは、ここでは、

「超一流になるために必要なキーワードを5つ、本からピックアップすること」

ということになります。

(私は、江藤さんからの課題が”5分間で1冊”のところを、
”5分で5冊、クリアした”のです。
だからこそ、凄腕と紹介を受け、
であるからこそ、メルマガで取り上げられたのです!
・・・やばい、天狗になりかけました。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いかがでしたでしょうか?

あなたがここまで読んで、

成功者(江藤さんのこと)と、
われわれの”本を読む”というのは、
ずいぶんと、感覚が違うものだなぁ、

と思っていただければ、このブログは、成功です。




えとコミのホームページをご覧いただいている方の多くは、
「加速的な成長」を望まれていると思います。

もちろん、私もその1人です。

このブログで、これからあなたにお伝えする情報が、
あなたの行動や目標達成のきっかけになるならば、
私にとって、うれしい限りです。
(すごく生真面目ですが、本音です)

今日は、ここまで!
以上、えとこみボランチの鈴木琢磨でした。

では!

追伸
加速的な情報処理の方法を「習得」するなら、こちら。
フォトリーディング
http://www.etocomi.com/seminar/photo_reading.html
[PR]
by etocomi | 2004-11-12 16:48 | 成功者の日常から学ぶ