<   2004年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

よくある話

実店舗のあるネットショップさんのお話です。

ネットショップの売上が上がってと、実店舗の売上が下がってくる。
もちろん市場の大きさからほとんどの方はネットショップに力を
入れていきます。

結果どうなるかというと資金繰りに苦労する。^^;

1年ぐらいつらい資金繰りがつづいて、全体の売上が昨年対比を
超えるようになります。

急激に売れ始めると商品の供給が追いつかなくなります。
在庫商品はなおさらです。

在庫を持たないと粗利が薄い。

また、製造側もいきなり売れ始めても設備が整わないから
製造できない。
製造側も資金繰りが苦しくなる。

支払条件が悪い。

在庫をもって、ひたすら配送しつづける。

仕入れる資金がないから、代引きでまわす。
すぐに宅配便に入金してもらって、そのお金で仕入れ。

もしくは、借り入れを起こす。

ネットショップの売上と実店舗の売上ラインが、
交差する点。もちろん、ネットが上昇グラフで実店舗が下降線。

今までの諸条件にもよりますが、プレゼン次第で借り入れを
起こせている方がいらっしゃいます。

何を言いたいかというと、売れても売れなくても
いろいろあるんだよ~ということです。^^;
[PR]
by etocomi | 2004-06-10 18:26 | ネットショップ運営

太身??

「結婚」というキーワードに敏感な今日この頃。
今日の僕はめずらしくブルー。

シルバーアクセサリー銀屋のりんこさん

のブルーは沖縄の海のブルーですが・・。^^;
僕のブルーは日本海のようなブルーです。

そんなブルー話をしたいわけではなくって、
そんな敏感キーワードに

「太身」(ふとみ)

があります。

独自ドメインのWEBサイトをつくっている方は、耳にすることもあると
思うのですが、便利なcgiのフリーツールがたくさんあるサイトです。

< aherf=http://www.futomi.com/>futomi

「ふとみ」をつ使えばいいじゃない。
ふとみだと簡単だよ。
フトミいいよね。

ふとみ、フトミ、futomi

なんのこっちゃ、わかりません。

早速検索で調べましたが・・。
見つからず・・。


差最終的に「futomi」で調べるまでかなりの
時間を要したkとは言うまでもありません。^^;
[PR]
by etocomi | 2004-06-10 18:00 | ネット ショップ ソフト

現在、ぞくぞく・・。

最近、SOHOの方のネットワークに入っている
方と知り合うきっかけが多くなりました。

高知県、福島県、北海道。

これは、製作講座がきっかけです。

大手ホームページ制作会社は、
人件費の安い、海外に制作を発注し、
日本人はディレクターなどを行う傾向になっている。

ホームページ制作費の価格競争が激しくなっている
からです。

実績のある人に頼みたいけど、価格が高い。

これから売上を上げたい店舗は、やるべき
ことが多い。自分ひとりでまかなえないから、外注したい。
でも、予算がない。

このジレンマで苦しんでいる店舗さんが多いと
思います。

東京のSOHOさんは高い。
それは当然で、生活費が高いからです。

福島の田舎だと、月10万あれば、3人暮らせる
ということを言っていた。

あとはクオリティー管理だけきっちりしていれば、
低価格で外注することは実現できそうです。

そのための講座だったりするのですが・・。
[PR]
by etocomi | 2004-06-10 17:35 | ネットショップ支援

えとのプロフィール

1999年からこの業界に身をおき、今年で6年目になります。
ホームページやメルマガは、1998年からやっていましたので、 一番早くはありませんが、こんなブームになる前の話ですので、 早かった方かも知れません。

まだ、まぐまぐも、楽天市場も上場してなかったですから・・。
(正式には、まぐクリックで、上場ではなく、店頭公開です。)

■1999年に5社のネットショップの運営をスタート

当時サラリーマンだった僕は、無理やり会社にさせてもらったおかげで、しっかり会社の業務を行い、土日祭日と夜にページの更新に明け暮れていました。

その夏にやっぱり、インターネット漬けになりたいということで、転職を決行!
業務の引継ぎ作業を行う予定でしたが、僕一人で行っていた業務なので、会社はやらないと判断。各クライアントに引継ぎを行う際、一社の方が、それは困る。
ということで、僕が思い入れが強かったのもありますが、フリーランス契約で、サラリーマンと2足のわらじを履きながら、運営に携わっていました。

当時の生活は、どんなに遅く帰ってきても、朝5時に起き、会社に行く、8時まで仕事をして、土日祭日は、フリーの仕事にいそしんでおりました。

■結果・・・

 約半年で月商1500万円突破。
 約1年で会社をつくり独立。
 約1年半で月商4500万円を突破。

ということで、各ネットショップからの相談が多くなり、コンサルティング業・運営代行業をスタートさせました。

最初は、パートナーの会社の2階のワンルームにぎゅうぎゅう詰の5名までスタッフが増えと不況しらずの経営をやっていました。

当然、いいことばかりが続くわけもなく、パートナーとの契約解消。
などいろいろありましたが、

現在では、述べ200社を超えるネットショップのコンサルティングを行い、2002年度実績で17億円もの売上をつくることが出来ました。

現在は、込山さんたちと組んで、塾も運営しております。

塾のカリキュラムのコンセプトは、誰でも成功できる。
いわゆる、僕が経験してきたことや学び方しかお話できませんので、第二の江藤政親養成講座となっております。

■僕が会社をつくろうと思った理由
それは、大きな志でもなく、野望もなく・・。

「離婚」したことからはじまります。

富山県出身の僕は、大学生活を一人暮らしと貧乏暮らしをしていたので、お金がたくさんもらえそうな職業。

そして、先輩から建設業界は国が守るから安定しているんだ!

なんて話を聞いて、大学の先輩が勤めている建設会社に就職しました。

文学部なのに・・。^^;
まぁ、文学部を選んだのも女の子がたくさんいるから♪
という理由でしたが・・。


そんな中で、当然、入社した際は、あんまり会社にいい評価で入れた
わけではなく、ギリギリ就職できたのでした。

おしゃべりな先輩が、「まさちかはやばかったらしい!」
なんて、情報が入ってからです。

やばい!このままじゃ出世できない。
なんて、思って、しこたま仕事したのを覚えています。

ろくすっぽ休みのない生活が続き、結婚。
結婚が決まって、3ヶ月間で3日休んだのですが、全休日を僕の両親と
彼女の紹介。彼女の両親と僕の紹介。お互いの両親の紹介。

とバタバタの中で結婚し、すぐに単身赴任。
正確にいうと、週末だけ自宅へ戻る。という生活が続きました。

当時は名古屋の赴任で嫁さんを名古屋につれてきました。
そして、3ヵ月後、世界遺産の岐阜県白川村へと飛び立ったわけです。

本来、部屋を二つ借りれば、一緒にいられたのですが、当時、そんな余裕があるはずもなく、将来のためということで、お互いしばらく我慢しようと思ったのですが、若い二人に、そんな大きな視野で見れることはできませんでした。

こんなところで、書く内容ではありませんし、書ききれないほどのいろんなことがありました。

結局、離婚した僕は、それまで必死になった仕事は、ただ刹那的にこなす作業として存在し、ひたすら後悔をつづけました。

何があったら・・。
もし、こうやっていたら・・。

過去を悔やんでも変わりません。


そのとき、もしお金があれば、もし、2つの家を借りていたら、一緒に過ごすことができていれば、別れなかったのでは・・。

じゃぁいくら必要なの??

結婚したばかりの夫婦は、特に子供もいるわけでもなく、付き合ってるときと何も心境が変わらず、デートもしたい。飲みにもいきたい。
将来のために貯金もしたい。それで、2つの家を借りると、いくら欲しい?

手取りで月50万円欲しかったということがわかりました。


なんの知識もない、自分の周りの世間しか知らなかった僕は、当時のエリート課長がそんなものだったので、このまま必死で仕事をして、あと15年ぐらいかかるの?


それはいやだ!

じゃあ何だったらできるの?

そんなときに、無知な僕には社長になり、事業で成功することだ!

それしか思いつかなかったです。

■自分に何ができる?

現場には自信があっても、このまま山ごもりをつづけて、現場の親方はいやだ!そうすると・・。
何もできない。金もない。自慢できるものもない。コネもない。

そんな中で、何が正しくて、世の中はどうなって、とにかく、今の僕は知らなさすぎる。

そんな思いで、本を読みあさりました。
月額で10万円ぐらい使っていたと思います。

当時、アスキーの社長の西さんのセミナーを聞きにいき、アスキーの売上の推移をプレゼン聞きました。

創業以来、10年間。
ずっと売上が上がってるのは、僕の能力ではないんです。
時流にのったからです。

時流にのれば、能力がなくてもずっと売上があがるんです。

それが、インターネットだと思いました。

■インターネットは、電話線とパソコンとアイディアで飯が食える

ちなみに、僕がボクというのは、西さんのセミナーの影響です。
当時は会社で私とい言葉を使っていましたが、西さんみたいなすごい人だって、ボクっていうじゃん。

話し方なんて、関係ないじゃん。
とにかく、今までの自分を否定しまくっていた僕には、丁度心地よいことだったのだと思います。


ボーナスを待って、パソコンを購入。
事務所から、宿舎の自分の部屋にこっそり、電話線をひき、会社の電話で、インターネットをスタートしました。


経営、成功、独立、起業、最新、ヒット、ホームページ、インターネット。当時、僕の興味のある本は片っ端らから、読みあさりました。

そして、偶然、離婚から立ち直るきっかけとなった本に出会い、スピリチュアルな本も読みつづけました。

先ほどの独立したきっかけとなった会社の社長は、とても魅力のある人で、僕はこの人を成功させたら、僕の夢が叶うかもしれない!
そう思って、仕事をしていました。

そして、結局、離婚して2年半。

会社をつくることができました。

当然、会社をつくってからもいろんなことがあったわけで、そんな中で、 いまだ実績を上げつづけることができるのも、当然、今まで出会った人たちすべてのおかげで、その人たちから学んだこと。
僕の体験してきたこと。学び方。そんなことをえとコミで伝えています。

結構、ネガから独立を目指しているんです。
だから、多分、しんどいことも人より多かったと思います。

それも全部必要なことだと今では思っていますし、すべての人に感謝して
います。
[PR]
by etocomi | 2004-06-10 16:41 | プロフィール

喜ばれる

お客様からすごい喜ばれる。
直接、ファンです。

なんて言われてしまう・・。

こんなうれしいことってないですか?

いそがしくっても、そんなお客様の一言で
ネガなんて一瞬でふきとんでしまう。

このコーナーは、そんな自分のいいこと体験を募集します。
自分の喜びをみんなでシェアしましょう♪
[PR]
by etocomi | 2004-06-01 16:21 | いいことあったら教えてね。

同じ人に何ども

よくある失敗の一つに

同じ人に何度もミスをするということがあります。

これで三回目。
どうしよう・・。


そんな経験ありませんか?

このコーナーは自分の受けたクレームをわかちあい、
すっきりすることと、情報を共有することが目的です。

さぁ、どんどん!
[PR]
by etocomi | 2004-06-01 16:18 | いろんなクレーム大集合!

2500万円プロジェクト発動!

今回は、本コースのメンバーのやっちゃん(えとコミは愛称で呼び
ます)http://www.kimono-bito.com/

のお話です。

「一番高い着物で、2500万円するのよ♪」
「それが売りたいの♪」

そんなことで、ワークショップがスタートしました。

2500万円する着物に興味がある人は、限られています。
その人を探すだけ・・。

メンバーは、14名。
14名の知り合いの知り合いに可能性は・・・。


こうして、2500万円プロジェクトが幕をきりました♪
2500万円の着物はめったにありません。
当然、世界的にも希少です。


あなたのお友達、知り合い、お母様かお父様などの知り合いに
ご興味ありそうな方、いらっしゃいませんでしょうか?

ご紹介してくれた方には、次回7月のえとコミ本コースの受講と
熱海高級温泉旅行を家族分ご招待いたします。


キーワードは、

「初代由水十久(しょだいゆすいとく)の色留袖(いろとめそで)」

初代由水十久が描く童子は、1体何百万円と言われていた時期も
あったほど・・。それが、29体も描かれています。

そんな多数いる色留袖が現存すること自体、ファンでもあまり
しられていない、超希少モノ。
もちろん、仕立て前ですので、若い方からご婦人まで違和感なく
そして、背丈を選ばない、あなただけの仕立てを心をこめて
させていただきます。

一番、格の高い和服で、公の席で、家柄の格式まであらわす
色留袖。

僕なら、代々伝わる仕立てをしますが、ものすごく付加価値のつき
やすい着物ですので、財産としてもご利用いただけると思います。


▼詳しいご説明はこちら▼



注)初代由水十久
  もう亡くなっていますが、加賀友禅で芸術性を高めた、最高実力
  者。氏の描く童子の特徴は「静と動」特に多男子を描いた図柄は、
  多子多産、子孫繁栄に繋がるとして縁起物として珍重されました。

興味ある方をご紹介いただければ、専門家が直接、ご説明にうかがい
ます。

一緒に温泉行きましょう♪
ご質問は・・。

info@etocomi.com
[PR]
by etocomi | 2004-06-01 15:56 | 夢をかなえる

yahoo!がgoogleでなくなった・・。



ついにこの日が、やってきました。

対策はいかに・・。
[PR]
by etocomi | 2004-06-01 15:49 | SEO・SEM