カテゴリ:ネットショップは【売れる?】( 12 )

売るって、こういうこと♪



 「多くの場合、モノを買うというのは、
  買いたいという感情が起きたときです。
  
  じゃあ、どうやってお客さまに買いたいと思っていただくか?

  それは、事前に体験をしていただくことなんです。
  

  事前に体験していただくには、
  ”具体的に書くこと”や”ストーリー性”を出して、
  話に引き込む技術が必要になります。

  そのまたさらに前に、
  そのモノを販売している人のことを伝える必要があります。
 
  
  理由は、お客様に信頼をしてもらうためです。


  信頼を勝ち取るには、
  モノを売るときと同じように、
  販売している人のことを”具体的に”書いたり、
  ”ストーリー性”を出したりして伝え、”

  「この人なら信頼できる」
  という感情を引き起こすことになります。


  この表現力のある文章の書き方講座は、
  カリキュラムの中に、具体的な描写やストーリー性のある文章を、

  書いて
      書いて
          書いて
              書いて、
              
                 また書いて、
                  
  ============⇒   さ ら に 書 く


  という、普段、絶対にしないことをします。

  期限をきちっと守って仕事をすること、
  普段のスピードとは数倍 上のスピードというものを、
  一度でいいので味わってみていただきたいのです。


表現力のある文章の書き方講座  ~この思いをあなたに伝えたい~   
http://www.etocomi.com/seminar/write_ito.html
[PR]
by etocomi | 2005-08-21 22:16 | ネットショップは【売れる?】

メールマガジン役割と配信方法

========================================
メールマガジン役割と配信方法  ====
========================================

メールマガジンはどのような目的で配信していますか?


メールマガジンの配信目的は

┏大きく3つ┣━━━━━━━━━┓

┃見込み客集め

┃見込み客への情報提供と販売

┃既存客への情報提供と販売
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
⇒表現力のある文章の書き方講座1
 
⇒売上アップのメルマガの書き方セミナー

⇒集客・接客・増客のための伝わる文章習得講座 基礎編
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※




配信方法は

★┓
┗┛自社配信━━━━━━━━━━━

(ソフト購入代や固定費、発行部数による課金)
 読者メールは自社で管理

例)コンビーズメール


★┓
┗┛メールスタンドから配信━━━━

(まぐまぐ・メルマなど管理が無料)
 メールアドレスを知ることが出来ない
 読者を増やす仕組みがある

例)まぐまぐ

★┓
┗┛ショッピングモール等から配信━━
 (楽天市場やビッターズなど)
 管理コストは基本料金に含まれる(楽天は課金あり)
[PR]
by etocomi | 2005-07-28 10:06 | ネットショップは【売れる?】

キーワードのみつけ方

========================================
==== キーワードのみつけ方  ====
========================================

貴方はキーワードをどのように決めていますか?

私のお店【○○では1番…】だから大丈夫!


でも、このキーワード

お客さまが『普段使わない』・『知らない』

キーワードだったら意味ないですよね?


ネットショップ側が選ぶ《キーワード》には

【慣れ】や【思い込み】が入ってしまいます


┏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥┓
:お客さまが選ぶ    お店の選ぶ
:         ≠
:《キーワード》    《キーワード》
┗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥┛



┏‥‥‥┨どうすれば┠‥‥‥‥‥┓

:お客さまが選ぶ    お店の選ぶ
:           =
:《キーワード》     《キーワード》
┗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥┛



┏思い込みを防ぐためには┣━━━━━━━━━━┓

 ネットショップの関係者以外

 ●違う部署や既存のお客さま
   友人、知人、家族などから

  幅広くキーワードを挙げてもらう
  ~~~~~~~~~~~~~~~

◆◇◆【検索結果の1ページ目に載せる
   SEOはウエブサイトの体質改善 ◆◇◆

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
⇒通信講座「3ヶ月であなたの売上が10倍になる法則」

ホームページ・SEO依頼は
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

┏グーグルのアドワ-ズ広告を利用して┣━━━━┓

  キーワード検索回数を知る

◆◇◆【どのようにしてクリックしてもらうか
         PPC広告は即効性 ◆◇◆

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


どちらも平行して使いましょう(^o^)丿
[PR]
by etocomi | 2005-07-15 09:32 | ネットショップは【売れる?】

書籍に置き換えてみる

検索サイトは
========================================
==== 書籍に置き換えてみる  =====
========================================

お店を知ってもらい

訪問していただくためにどうしたらいいのか?

┏━━━━━━━━━━━┓
●書店で考えてみましょう  ┃
┗━━━━━━━━━━━┛

『小説が読みたい!』から 書店に本を買いに行こう!


《どんな本があるか分からない場合》

★┓
┗┛まず━━━━━━━━

『行きつけの書店』もしくは『大型書店』に行きますよね?


★┓
┗┛つぎに━━━━━━━━

『小説の置いてあるコーナー』に行きます


★┓
┗┛そして━━━━━━━━

『コーナーの目立つ場所』にある、

平積みされていたりする本を眺めてそのなかでいくつか手にとって見る。


~手にとったなかに気に入ったものがない場合

              そのコーナーの別の棚を探す




┏そこで、【出版社】がすることは┣━━━━┓

┃【目立つ場所の確保】

┃【どのようにしたら手にとってもらえるか】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


それでは┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ●ネットショップに置き換えてみましょう。  ┃
      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


★┓
┗┛まず━━━━━━━━━

ふだん利用している《検索サイト》を開く


★┓
┗┛つぎに━━━━━━━━

関連ありそうな《キーワード》で検索

★┓
┗┛そして━━━━━━━━

検索結果の《1ページ目の情報》をみる


その中のウエブサイトをいくつか訪問


目的のサイトが見つからなければ次のページ
または違うキーワードで検索を繰り返す


    行動は書店に行った時と同じですよね!
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~


┏ですからショップ側も┣━━━━━━━━━┓

┃【検索結果の1ページ目に載せる】

┃【どのようにしてクリックしてもらうか】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

どちらか一つでも効果が少ないことが分かりますよね
[PR]
by etocomi | 2005-07-10 16:50 | ネットショップは【売れる?】

プロモーションはバランスが決め手!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プロモーションはバランスが決め手!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


こんなことをしているから大丈夫!

なんて安心していませんか?


どんなに【素晴らしい】商品を

どんなに【安く】販売したとしても


その情報がお客さまに伝わらなくては買っていただく事は、できませんよね?



リアル店舗は新規開店の花輪に気付いて入ってきてくれるかもしれませんが


ネットショップではオープンしたことさえ誰も知りません


今までは、
【お金】か【時間をかける】方法がとられてきました。


例えば┣━━━━┓
┳【お金をかける】★
┗━━━━━━━┛

  バナー広告やオプトインメール
  ~~~~~~~~~~~~~~

これらはいまだに効果は衰えていません

     でも、

中小ネットショップには━≪≪負担が大きい≫≫━ですよね


例えば┣━━━━┓
┳【時間をかける】★         
┗━━━━━━━┛

┏100以上ある検索サイトに
┃~~~~~~~~~~~~

┃     ■コツコツ登録したり
┃      ~~~~~~~~~

┃     ■ホームページ紹介サイトや
┃      ~~~~~~~~~~~~

┃     ■メールマガジンに投稿
┃      ~~~~~~~~~~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○

でもねよーく考えてみてね

聞いたこともない検索サイトに登録しても誰がみているのかな?


《宣伝費はゼロ》

       ・・・
       だけど

           《労力》は?


★┓
┗┛結局…

  マイナスということになります。(;_;)┏┓
……………………………………………★


そこで┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

・今、利用できるプロモーションは?

・どのタイミングでどう組み合わせるのが効果的?

・お金と時間の配分は?

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

を考えていきましょう。(^.^)
[PR]
by etocomi | 2005-07-07 17:53 | ネットショップは【売れる?】

季節のイベントカレンダーはスケジュールではない

===========================================
季節のイベントカレンダーはスケジュールではない
===========================================

あなたはスケジュール管理をどのようにしていますか?


┏クリスマスなどの《ギフトセール》
┃                          のようなイベントカレンダー
┗季節の変わり目の《在庫一掃セール》


これはもちろん重要ですがそれだけで大丈夫でしょうか?

12月はクリスマスセール!
それはわかります。
それだけでカレンダーの中は終わりでないですよね?

セールまでにたどり着く過程が埋められていますか?


例えば┣━━━━┓
┳クリスマスセール★ 
┗━━━━━━━┛

┏・目玉商品を作り

┣・そのためのページを作り

┣・既存のお客さまにお知らせするメールの原稿を推敲し

┗・新規のお客さまが集まる仕掛けをする


これを平行して進めていく…


ところが

実行計画がスケジュールからすっぽり抜けてしまうと…


結局、
場当たり的になり《中途半端》に終わってしまいます


≡≡≡≡スケジュールは
≡≡≡≡≡≡≡実行計画もキチンと入れて
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡計画を立ててくださいネ




===============================================
ダイレクトマーケティングの基礎は郵便DMに詰っている
===============================================


「なんで今さら郵便DMなの?」
 と、思っていませんか?


ネットショップは結局

ダイレクトマーケティングの一形態なんですョ(^.^)


【DMの基本】は┣━━━━━━┓

・見込み客の発見

・見込み客の購入促進

・一般顧客の固定客化

・固定客の維持

・報伝達

・営業サポート

・リサーチ

┗━━━━━━━━━━━━━┛


これらはサイト作りやメールに当てはまります



そしてDM成功の【3大要素】

●オファー(提案・特典)

●リスト(名簿)

●クリエイティブ(表現)



いくらサイトやメールの表現に力を入れても


お客さまにとって

【メリット】が明確になっていないと

効果は期待できませんよね?


また、

商品に【興味のない人の名簿】ばかり集めて
メールをしても意味ないですよね?

ぜひ郵便DMを参考にしてみてくださいね(^o^)丿
[PR]
by etocomi | 2005-07-01 18:58 | ネットショップは【売れる?】

無料神話を鵜呑みにしない

========================================
====無料神話を鵜呑みにしない=====
========================================

うわべだけで考えがちなのがこの無料神話です


□━━━━━━━━━━━━━

【自分でホームページをつくる】から ⇒⇒成作料がタダ!!

【メールマガジンで広告】     ⇒⇒広告料がタダ!!

【SEOも自分】で ⇒⇒SEO最適化もタダ!!


 ★━だから ▲▽▲《お金がかからない!》▼△▼



        確かにそうですよね。(^O^)



┏自分でホームページを作る

┃  ⇒⇒⇒⇒レンタルサーバー代以外かからない
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□


┏メールマガジンを使う

┃ ⇒⇒⇒⇒無料で何度でも広告をだせる
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□


┏SEO(検索エンジン最適化)を自分ですれば、

┃ ⇒⇒⇒⇒タダで検索サイトの一等地に広告を出すようなもの
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□


┏あちこちの掲示板の書き込み、検索サイトの登録で

┃ ⇒⇒⇒⇒⇒高い広告料がタダ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□




『全部自分でやっているので商品原価以外は利益!』
………………………………………………………………

というのが【無料神話】です


でも…



それに取り組んだ【時間】を考えてみてください(@_@)


例)東京から大阪まで歩いて行けば交通費ゼロ  ┓
┳                        
┃  無料神話はこれに近いこと         
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★


つまり

無料のCGIを勉強して『買物かご』を
設置するまでに
150時間かかったとします。


時間単価1,500円だとすると

 1,500円×150時間=225,000円

  に、にじゅうにまん、ごせんえん~~~!!?


このように、時間をコスト(お金)として考えることを、
【時間コスト】といいます。


≡≡≡≡だったら…

月額10,000円の『レンタル買物かご』を借りたほうが良くないですか?
      
                                     ≡≡≡≡

・自分でホームページを作り、
・メールマガジンで広告し、
・SEO(検索エンジン最適化)を自分でする


これら、一見”無料”に見えることは、
【時間コスト】の視点から考えると、
実は、ツールの導入やアウトソーシングを考えるべきことなのです。


そう。あなたの時間は、実はお金なのだから。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
ホームページ・SEO依頼は

アウトソーシングは
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
[PR]
by etocomi | 2005-06-24 20:23 | ネットショップは【売れる?】

接客の基本方針も動機に合わせて3種類

========================================
= 接客の基本方針も動機に合わせて3種類 =
========================================

 お客さまは どんな目的で ネットショップを 訪問されるのでしょうか?


 動機や目的は大きく3つに分かれます

 ●買う気マンマン(^o^)丿┃《はじめから買うつもり》で探すお客様
 ┗━━━━━━━━━━○


  ★┓
  ┗┛買うものはだいたい決まっている
    よりよい店をさがしている   ┏┓
   …………………………………┗★


                        
 例)テレビで紹介された○○、お中元やお歳暮

    →お店サイドの心得:できるだけスムーズに買物が出来るようにする

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
⇒売れる!ホームページ制作講座 <3日間コース>

⇒webプロデュース講座

⇒ビデオ『success style』 ~ネットショップ成功するための発想の原点~

⇒商品撮影、画像処理入門1日講座
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


 ●情報収集(^.^)┓ ⇒⇒⇒《問題を解決する》ためのお客様
 ┗━━━━━━━○


 例)ダイエットに関する情報や

  【楽に痩せられる】の言葉につい引き付けられた


 →お店サイドの心得:ウエブサイトやメールで
        
┏たくさんの情報を提供し
┃ 
┃   ◆自店が一番信頼できる
┃      
┃   ◆お勧めする商品は間違いがない
┃       
┗━━━━━━━━━━━ ということを伝える


 ●その他^_^;┃のお客様
 ┗━━━━━━○

 例)プレゼント応募、なんとなく


 →お店サイドの心得:

┏格安情報や限定情報をアピール

┃  ◆ メールマガジン登録

┃  ◆ 無料会員登録

┗━━━━━━━━ 継続的に情報提供する

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
⇒表現力のある文章の書き方講座1
 
⇒売上アップのメルマガの書き方セミナー

⇒集客・接客・増客のための伝わる文章習得講座 基礎編
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 
[PR]
by etocomi | 2005-06-21 11:33 | ネットショップは【売れる?】

運営の基礎(5から)

 ■5.リアル店舗がある場合、リアル店舗にも来店していただく
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 サイトにはよく訪問してくれてお店のファンになっているお客さま

   '''''''けれどお買物はチョッと《不安》,,,,,,,


  そのお客さまに━━━━━━━━━┓
  ┃【リアル店舗】に足を運んでいただく★
  ┗━━━━━━━━━━━━━━┛


 そのお客さまはあなたのサイトのファンです
 《新規》のお客さまではありませんよね?


 ですから 話もはずみ、親近感をもってもらえます。
       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  
気軽に足を運んでもらえるような 【雰囲気づくり】をしましょう
 


 ■6.買物をしていただく
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


 お買い物かごの『購入ボタン』を押す時って


 どんなに ネットショップで買物に《慣れた》かたでも 勇気いりますよね?


 「他にもっと良いお店があるかも?」

 「まだ引き返せる…」


 など、『購入ボタン』を押すまで 迷っています。


 買物をしていただく

 つまり、

      ⇒⇒その【気持ちの壁】を乗り越える
      

 
 魅力のある 《サイト》 《メールマガジン》を作ることです(^o^)丿
…………………………………………………………………………


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
⇒売上アップのメルマガの書き方セミナー

⇒売れる!ホームページ制作講座 <3日間コース>

⇒webプロデュース講座

⇒集客・接客・増客のための伝わる文章習得講座 基礎編

⇒通信講座「3ヶ月であなたの売上が10倍になる法則」
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


 『購入ボタン』を押しても

 その後の操作が面倒で 途中でやめたり…

 購入後の対応が不満で キャンセルなんてことも…


 買いやすさ、体制の整備には手を抜かないようにしましょう(^.^)
 


 ■7・繰り返し買物をしていただく(リピーター)
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 
┏ 【ファンになっていただいて】(^^)v

┃ 【購入していただいて】(^^)v

┃ 【商品が気に入り、対応がよく】(^^)v

┗ 【もっとファンになっていただく】(^^)v

      
 つまり 6番までがキチンと出来ていれば
     ………

 リピーターになっていただけるということです
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~よね


┏━━━━━━━━━━━━━━━━(^O^)━━━━━◇
┃ 【新規】のお客さま  【既存】のお客さま
┃ に買っていただく = に買っていただく  × 5から10
┃    コスト       コスト
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇


★┓
┗┛**ネットショップはリピータの数で成否が決まる**┏┓
                                     ┗★



 ■8.新しいお客さまを紹介していただく

 「え、?」

 既存のお客さまに そんなことお願いしたら 嫌われちゃうよ!

 と、思っていませんか???



 でも 既存のお客さまは

 《《商品を気に入って》》 下さっている!


 ですから
         やり方しだいです
         ~~~~~~~ョ


例えば┣━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【ご紹介キャンペーン】や

┃ 紹介したくなるような雰囲気づくり
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 

既存のビジネスに置き換えてみます


すると理解が出来るし次の手も見えてきますよね?


ネットショップに関する情報を目にしたら


▼△▼【これまでのビジネス】でいうと何に当たるか?▲▽▲

という疑問をもってください


そして自分の中に【答え】が見つかったら、

誰かに教えてもらってそれが腑(ふ)に落ちたら


 『判断も簡単!』

 次の手も見えてきます(^o^)丿
[PR]
by etocomi | 2005-06-18 08:48 | ネットショップは【売れる?】

運営の基礎

それでは

ネットショップではどんな【しかけ】があるでしょう?



□┓【運営の基礎】
┗┛ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


  ========================================
  =====   運営の基礎   ====
  ========================================

大きく分けると8つに分けられます。

お客さまとの関係を深める【8つのステップ】!


 そ・れ・は


 ■1.お店があることを知っていただく⇒⇒⇒  (ショップの存在)
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 リアル店舗なら「開店のチラシ」が入ったり

オープン当日は━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃リアル店舗なら、《お店に開店の花輪が!》┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

お店ができたことがわかりますよね


  ネットショップではお店を知ってもらうために なにをしたらいいでしょうか?


ネットショップも

   『ここにこんなお店があるんだよ』
   ~~~~~~~~~~~~~~  と たくさんの方に知っていただくこと


  ┏ それは┣━━━━━━━━━━━━★

  ★ URLの登録やリンク・アドレスの告知etc
  ┗ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~することです





 ■2.お店に来ていただく⇒⇒⇒⇒(アクセス)
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
  
   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃リアル店舗でいうと《ウインドウショッピング》┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

街を歩いていて
「この店。可愛い服がたくさんある!」や
「この店、キレイ・安いetc」

「入ってみよう」
と、初めてのお店のドアを開ける

つまり、リアル店舗は
  ガラス越しの【外からの見た目】で 決めたりしますよね?

外から見て「汚い・あやしい」そんなお店のドアは開けにくいですよね?


それではネットショップを訪問する時
何を基準にしていますか?

とても安い○○。
安心な××。etc

初めてのお店では文章だけが頼りですよね



  ┏ ネットショップでは??┣━━★

  ★ 検索サイトの紹介文が重要!
  ┗ ~~~~~~~~~~~~~


あなたの紹介文は???
惹きつけられる文章になっていますか?


  
  ≫≫≫紹介文が悪ければお客さまは訪問してくれません

  
  ≡≡『クリックしたくなるような惹きつける文章を!』作りましょう(^.^)
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
⇒表現力のある文章の書き方講座1
 
⇒集客・接客・増客のための伝わる文章習得講座 基礎編
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 ■3.どういうお店かわかっていただく
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

  リアル店舗では、
  ねらいでゴチャゴチャ陳列しているお店もありますが

  大体は、
 
   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃コーナーごとに分かれて《綺麗に陳列》┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛されていますよね?


   ┏ ネットショップでは??┣━━★

   ★ 整理されていないのは致命的です
   ┗~~~~~~~~~~~~~~~

貴方のサイトは何屋さんかわかりますか?
すぐにどこに何があるか分かりますか?

リアル店舗だと
「○○どこにありますか?」と聞けますが

ネットでは商品にたどり着くのはお客様自信です。

  
  訪問してくださった方が
  目的のものを探せないような作り方や

  【何屋さんかわからないようなサイト】は


 》》》》》 すぐにお客さまは  《《《《《

  ▼△▼次のサイトに飛んでいってしまいます(;_;)ョ~
  


  ※ちなみに、
   ネットショップの入り口は一つではないので
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  《どのページ》にも 《トップページ》への 《リンク》をしましょう
 ………………………………………………………………………
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
⇒売れる!ホームページ制作講座 <3日間コース>

⇒webプロデュース講座

⇒商品撮影、画像処理入門1日講座
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



 ■4.お店のファンになっていただく
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃リアル店舗なら『商品やサービスが良いから!』┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

   

 そうですよね(^.^)


 でも…

 ネットショップは 『商品やサービスが良いから!』だけでしょうか?


 ネットショップは??

 お客さまと顔を合わせない取引です
 ~~~~~~~~~~~~~~~~よね


 まず、

 お客さまに≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

       【信用】してもらうこと【親しみがある】こと
                              
 ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡ が、必要です!


 同じ、 サービス・価格なら

     【親しみのあるショップ】から買いたいと思いますよね?


それではその 【信用】ってどうすればいいの?
【親しみ】はどうつくればいいの?


⇒⇒⇒⇒  《サイトやメールマガジン》を通じて
 

 【不信感をもたれない】(^^)v

 【モノやサービスに興味を持っていただく】(^^)v

 【説明に耳を傾けてくれる】(^^)v


 そんなファン作りを目指しましょう⇔⇔⇔⇔⇔⇔

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
⇒表現力のある文章の書き方講座1

⇒売上アップのメルマガの書き方セミナー

⇒売れる!ホームページ制作講座 <3日間コース>

⇒webプロデュース講座

⇒集客・接客・増客のための伝わる文章習得講座 基礎編

⇒商品撮影、画像処理入門1日講座
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
[PR]
by etocomi | 2005-06-15 12:40 | ネットショップは【売れる?】