カテゴリ:メールマガジン( 9 )

メルマガの開封率が100%になる秘訣!


 

   件名を一生懸命考えたから、これで開封率上がるだろう!
   とか、キャッチコピーを一生懸命勉強したから、これで、売れるだろう!


   なんて、やってる方。


   それ以上に開封率を上げる秘訣があるんです。



   それも、簡単!
   メルマガが面白くなくてもいい!!


   そんな技、あるんです。
   何だと思いますか?




    チッ



    チッ

  
  

    チッ

   


   ブゥ~~~~~~~~~~~~~~!


 
   残念♪


   メルマガの読者と直接会うことなんです。

   みなさん、お友達からのメールは開封しますよね。
   みますよね。


   で・・。


   必要なら返事書きますよね。



   全く同じです。


    あっ、あの事を書いている!
    あっ、私のこと書いてある!

   今度はどんなこと書いてあるんだろう♪


   直接会った人のメルマガはきちんと読むモノです。





     さらなる情報は、ここにある!
     
[PR]
by etocomi | 2006-12-21 10:49 | メールマガジン

売れる文章を体感!



メルマガを一生懸命、書いてるけど、売れない。


「プロが教える! 売上が大幅アップするメールマガジンの法則」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4839909229/etocomi-22/


この本を読んでるから、ハートは伝わっているはずだけど・・。



それは、あなたの文章が読者にイメージさせていないからです。


ひとことで言うと「表現力」
その表現力がたった1日でつく講座がございます。



-----------------


文章が苦手でいつもメルマガで悩んで
楽しみと不安が交錯しながらの参加でした。


最初の、3分間自己アピール。

それさえ、充分伝えられない。


結果のみ書いていた、文章がだらだらと解かり難い。

「ダメな例」の見本のような自分に
自信がなくなりそうになっていきますが


その度に、
「ダメなことは一つもない」と励まされ
全てに的確なフォローの言葉を頂き、
ステップを踏んでいくごとに
少しずつ解かるようになっていきました。


時間の経つのも意識せず
10時間後には
小説家気分になっていました。


--------------


こんな感想をいただいております。


これだけではありません。

考える力もつくのです。


なぜならば、この講座は小学生の学力アップの講座が
モデルだからです。


だから、安心して、受講できます。


クリックレート78%以上のメルマガライターが教えます。



■売れる文章の書き方!
 講師:江藤政親 

▼お申込みはこちらです▼
http://www.etocomi.com/seminar/bunsyou.html
[PR]
by etocomi | 2006-12-06 13:39 | メールマガジン

売れるメルマガの書き方!

 
 
先日、諸般の事情により久々にメルマガの添削をしました。



  メルマガ・・・。



  みんな上手です♪



  お世辞抜きに・・。





  でも、売れないのはなぜ?

  反応しないのはなぜ?




  ちょっとだけポイントがズレてるんです。

  そのポイントをお話しますね。



   ----------
   ポイント1
   ----------
    特定の人物に対してのメッセージになっているか?
    ※親、親友、友達、大切な人などある程度付き合いのある人に
     対してのメッセージ

   テレビのキャスターやラジオのパーソナリティーは、毎回特定の
   人に対してメッセージを送っているのです。
   メルマガのライターも同様です。



   ----------
   ポイント2
   ----------
    売って欲しいと思ってもらうような情報を提供していますか?
    買って下さいメールでは買いませんよ。
    特定の人物が「それ欲しい!!」と思っていただかないといけ
    ません。



   ----------    
   ポイント3
   ----------
    特定の人物に共感(喜怒哀楽)していただくような内容になっ
    ていますか?
    決めたターゲットが共感するライフスタイル、考え方、入手し
    ている情報(TVや雑誌)に準じた情報を絡めていますか?



   ----------
   ポイント4
   ----------
    内容がいつも似たようなもので飽きられていませんか?
    例えば、通常なコメントはしない。通常の書き出しはしない。
    常に相手にびっくりさせる、喜ばれることを考えて書く。


  
   この1~4に注目してメルマガをチェックしてみてください。

   必ず、いい改善ができると思います。

   
   メルマガは良い!悪い!売れる!売れない!
   といろいろ言われていますが、せっかくの見込みのお客様です。

   ましてや、濃い、薄いとかいろいろ言われますが、

   実際多くのお店はメルマガなしでは売れないのも現実です。



   いいメルマガは反応しますし、売れます。



   思いがズレたメルマガは出せば出すほど、反応しなくなります。
   売れなくなります。   



   メルマガの書き方の再認識してみませんか?



   もっとネットショップノウハウを見てみる!  
[PR]
by etocomi | 2006-12-05 13:02 | メールマガジン

独自のコーナー作り


 えとコミブログ読者のみなさま、

 こんばんは!えとコミ塾@メルマガ
 事務局の山本秀明です。


 メールマガジン、もっとうまくなりたい
 今日この頃です(>_<)


 「 メールマガジンでひとつお気に入りに
       してもらえるコーナーをつくっちゃえ! 」


 これが実はメルマガ読者を逃さない、
 かなり有効な手段なんです。

  
 イーストリートベーグルズさんのメルマガ
 http://www.rakuten.co.jp/e-street/index.html#

 僕がかならず読んでしまうコーナー
 
 ↓

 英語のコーナーです♪
 
 もちろん、メルマガ自体も面白いのですが、
 英語好きなぼくは、そのコーナーだけは
 欠かさず見てしまうんです。


 メルマガ読もうか読むまいか?
 悩んだときでも、お気に入りのコーナーが
 あるものは、思わず開封してしまうんです。


 コーナー単品でも読んでもらえれば、
 メルマガを開封してもらえないよりは
 数倍マシです。


 何回もメルマガを読んでいるうちに、
 商品自体も欲しくなってしまうんです。


 そして、おもわず買い物カゴへGO!・・・(笑)


 なんてこともしばしばです。

 【ひでマガ】(自分が書いているメルマガです)
 でも、

 □ やまもとやま の ひとりごと □

 というコーナーを作っています。
 ぼくは、読者の方に少しでも癒しと笑いを
 感じていただければと思って書いております。

 バックナンバーはこちらから
 http://www.etocomi.com/mailmagazine/backno.html
 

 「 メールマガジンでひとつお気に入りに
       してもらえるコーナーをつくっちゃえ! 」


 みなさまも是非!それでは今日は失礼いたします。



                         えとコミ 山本秀明

 

 
[PR]
by etocomi | 2006-06-20 22:48 | メールマガジン

書けば書くほどに奥が深い


 こんにちは、えとコミ塾の山本です。

 六本木、ひさしぶりに天気が悪いです(^_^;)
 傘を忘れてちょっぷり帰りが不安です。


 みなさまはメールマガジンお好きですか?
 ぼくは、えとコミに入ってから数多く読むようになりました。


 読み出して、まず気づいたこと!
 メルマガのクオリティーはピン・キリ('_')

 1回読んだらもういいや~・・・となるものもあれば、
 お~これなら毎日読みたい!!!と感じるものもありました。

 それからしばらくして、メルマガを自分で
 書くようになりました。


 

 難しい・・・(@_@;)



 最初の感想は



 『おー!難しい!』


 でした。



 文章好きだったので、
 そんな苦労せずに出きるだろう☆
 なんて思っていましたが、勘違いでした。


 リズム、テンポ、間、レイアウト
 そして、もちろん内容、ネタ。

 
 文章能力とは関係のない、
 メルマガ独自の文化がそこにはあったのです。


 書けば書くほど奥深い。


 次回もメルマガについて書きたいと思います♪
 
 ぜひHPにも遊びにいらしてください☆
 http://www.etocomi.com/

  


 
[PR]
by etocomi | 2006-06-15 15:57 | メールマガジン

愛があれば書けるんだ!


 もうすぐ夕方、おやつが食べたい時間です。
 こんにチハ、えとコミ事務局・山本秀明です。

 ぼく、週に1回、メールマガジンを書いています。
 入社して週数間で


 『 書きたいなら書いてみる?』


 とメルマガ担当のタクマロさん(鈴木琢磨・通信講座講師)に
 言われて、

 
 『 はい!書きます! 』


 勢いよく返事はしてみました。
 がしかし、書いてみると、メルマガって



 
 難しい・・・・・(@_@;)




 文章が好きで、書くということには
 なんの抵抗もなかったのですが、
 

 メルマガはまったくの別物でした。
 これには参りました。


 短く、簡潔に、面白くテンポよく!
 なんて言われてすぐにできませんでした。


 ミヨウミマネでなんとか一本目を書きました。
 2本、3本、4本・・・・・


 書いていくうちに、段々と感じがつまめてきました。
 そんなとき、江藤(弊社代表)の本を読みました。


 「メルマガには愛が大切なんです」


 え~、そうなの!度肝を抜かれました。
 いや~しかし、その意味がわかりはじめています。


 こちらの本に全て書いてありますです。
 
 プロが教える! 売上が大幅アップするメールマガジンの法則
 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4839909229/


 愛だろ愛♪それでは~。


 えとコミ 山本秀明
  
 URL: http://www.etocomi.com/  
[PR]
by etocomi | 2006-05-18 15:38 | メールマガジン

プロのメールマガジンテクニック 9つの勝利の方程式各論

【 1 】 メールマガジンとホームページの相関関係

→相関関係とは、
一方が変われば他方も変わるというような関係ですが、
 例えば、気持ちがこもっていて、
ポイントを抑えてあるイイメルマガを書くことと、
ホームページには、どのような関係があるのでしょうか?


数字の問題です
この相関関係は

0+1=1
という足し算でなく

1×0=0
というような掛け算であって

メルマガ。ページ どちらがかけてもだめだということ



【 2 】 ことばの音の理論

→言葉によって音を出すことでしょうか?
 その効果は、どのようなものでしょうか?


売れる本の名前は音の理論により名づけられている
これを利用して
メルマガ
商品名の命名に役にたつ



【 3 】 テキスト文章・印象に残る配置

→読み手の心に残る文章の書き方のポイントということでしょうか?
「印象に残っている」ということがわかる
数字か何か(お客様の声)があるのでしょうか?

ビジュアルマーチャンダイジングという手法をご紹介


【 4 】 顧客の興味の切り口を増やす方法

→「顧客の興味の切り口を増やす理由」はなんでしょうか?

これっていい質問です

顧客の導入路を増やす

→その方法は、何種類ありますか?


無数にあります


【 5 】 右脳活性化

→右脳活性化というのは、何でしょうか?

たとえば
中国から自転車を発想させることはどうすればいいか?
それが、簡単に発想できるように活性させる

→それをすることで、どんなメリットがありますか?


売れるメルマガがかける


【 6 】 精読率を高めるポイント
【 7 】 精読率を高めるポイント その2

→そのポイントは、何種類ぐらいありますか?

公開するのは2つ


【 8 】 クリック率を高めるポイント

→そのポイントは何種類ぐらいありますか?

公開するのは2つ



【 9 】 日常のメールマーケテイングありきのメールマガジン配信

→「日常のメールマーケテイング」というのは、何でしょうか?


普段の顧客とのメールのやりとりがあって
メルマガ開封免疫ができるということ



そして、最後に、最も重要なのですが、



・商材に強い情熱がある限り、必ず夢は実ります。
一緒に夢の実現の道を歩みませんか?

・方向ベクトルを売れる風向きに設定してみませんか?


これを、受講者の方に呼びかける理由は、どんな理由でしょうか?
つまり、なぜ、この講座をされるのでしょうか?



ボクがショップをはじめて2年ほど
違う方向をむいて無駄な努力をしていた

今ショップをしている人に
同じ失敗をしてほしくないということです

→中谷さん、超多忙の中、本当にありがとうございました。


一人運営ネットショップ販売戦略講座 笑ってコラえて!勝利の方程式
[PR]
by etocomi | 2005-04-11 23:27 | メールマガジン

最後の配信のクリックボタンに思いを込める!

メルマガの作り方ももちろんですが、
最後の配信ボタンに思いを込めて配信することが、大切。

「売れろ~」
「売れてくれ~」
「よし!これで100万円!」

などなど、思いはそれぞれですが、それなりの反応を見据えて
メルマガをつくってるわけですから、その思いは読者に伝わります。


機械的な作業としてメルマガを配信しては決していけません。


その際に、「あっ!これ大丈夫だっけ?」
「あっ、あれも追加した方がいいかも。」
「あっ、これ修正した方がいいかも。」

そんな直感に素直に信じて修正する方が、反応は高くなります。

それが、僕が直感を優先するゆえんです。
[PR]
by etocomi | 2004-07-12 01:19 | メールマガジン

メルマガの質問ドンドンちょうだい!

うちのメルマガのクリックレートは78%

全クリック数を全体配信人数で割ります。

簡単にコンビーズででてきます。
[PR]
by etocomi | 2004-05-26 18:14 | メールマガジン